ピッチ・パーフェクト流!音とインターネットカジノの遊び方

PPカジノ音楽

こういったネアカ(死語ですか?)な青春映画って、中々無いですよね。特に日本映画とかだとイメージとしては村上春樹作品の「ノルウェイの森」のように、どうしようもない鬱々とした日常と、そこに切り取られた美しさとの対比を表現しているモノが多い気がします。

とかく、青春時代と言うのはすぐに過ぎ去ってしまうもので、しかも過ぎ去って見なければその時に青春をしていたのだな、と自覚出来ない中々に人生においても特殊な瞬間であるからして、いつもいつもが楽しいわけではないという人生における縮図のような境遇を目まぐるしく与える事が多い気がします。ピッチ・パーフェクトの世界観にももちろん逆境はありますが(2なんかはむしろ逆境から始まっていますが)、向き合い方や乗り越え方になんだか「お国柄の違い」を感じるんですよね。しかしだからこそ、どの国でもウケたのでしょう。1で見られた伝説のシーン「cups」は放映当時の2012年、社会現象と言われるほどに爆発的に流行っていました。今見ても、音楽の自由さを非常によく表現出来ている名シーンだと思います。

上記の理由から、ピッチ・パーフェクトの魅力はストーリーというよりもキャラクターにあると思います。そんな個性豊かなキャラクター達がもし、舞台であるノースカロライナ州にいたらとても面白いことになりそうです。(というより、なんとなくいそうだなと思わせてくれるあの映画がすごいのか?)

彼女らは非常に好奇心が旺盛なので、ノースカロライナ州に二つあるカジノのどちらかには行くでしょう。とりあえず”ファット”エイミーはトラブルを起こしつつも、最終的には馬鹿勝ちしてそう。そんなエイミーの事を気にしていたバンパー・アレンは勿論ついていきたいでしょうが、彼は何となくお家で彼なりの遊び方でオンラインカジノを楽しんでいそうな気もします。日本オンラインギャンブルの紹介サイトはここからご覧ください

ネットカジノと言えば、スロットゲームなどでの様々な映画とのコラボレーションなども有名ですが、一体いつになったらピッチ・パーフェクトとのコラボは実現するのでしょうか。

今作がスロットゲームになったら是非ともプレイしてみたいと言う人は多いはず。是非ともお願いしますと言ったところです。

おんらいんかじのは、安心して楽しめる上に、リアルのカジノよりもさらに勝ちやすいと言われています。それは、初回入金ボーナス等に代表される、入金しただけで最初のお金より増えてしまうといった、普通では考えられないようなサービスによるもの。カジノで、入場するだけでお金をもらえたら誰もが行きますよね。それが現実で行われているのです。

是非とも、ピッチ・パーフェクトがゲーム化する前にオンラインカジノに慣れておいてはいかがでしょう。